12月15日(土)13時30分~15時30分

京都外国語大学で理論言語学とコミックスタディの教鞭を執っていらっしゃる藤本 幸治 教授をお招きし、アメリカンコミックを題材に異文化理解を深める人権講座を、庄内図書館と庄内公民館の共催で開催しました。

地域性の強い漫画と世界中で流行している漫画の違い等を解説しながら、日本と海外での視点の違いを学びました。

国が違っても同じように熱狂的ファンがいる漫画が、文化や視点が違う事によって全く違う想いを持っているのだと、考えさせられる時間となりました。

文責:南部地域連携センター かわはら

16人


12月15日(土)13時30分~15時30分

近年、映画を中心に人気を増しているアメコミヒーローたち。私たちの国、日本にもスーパー・ヒーローたちはいる。
漫画に一切触れることなく成長する人間はほぼ皆無といっても過言ではない。
たかが漫画、されど漫画。漫画に隠されるそれぞれの国の文化、風習、そして人間としての心理。
芸術と文学の要素を秘めた作品群の中に見る異文化理解の面白さを、言語と文化をキーワードに、時に日米文化比較を織り込みながら、漫画が漫画以上の存在意義を持つ理由を解説していきます。

庄内公民館 2階 第1学習室

京都外国語大学教授・藤本 幸治さん

無料

筆記用具

下記(1)(2)いずれかで申込み。先着順。
(1)豊中市HP電子申込システムから受付。

※平成30年(2018年)7月1日(日曜)より、電子申込システムのセキュリティを強化するため、携帯電話(フィーチャーフォン)及び一部のスマートフォン(Android4.4以前またはiOS4以前)からは電子申込システムがご利用できなくなります。

(2)電話申込み(庄内公民館:06-6334-1251)